ODA(政府開発援助)

不正腐敗情報相談窓口

ODAの不正・腐敗防止のために,日本のODA事業を巡る不正・腐敗情報に関する相談を受け付けています。
寄せられた御相談については,外務省およびJICAにおいて事実関係を確認の上,必要な措置を適切に講じてまいります。

寄せられた情報は厳正に管理し,個人名や会社名は一切外部に開示いたしません。
ただし,御相談の内容によっては,通報者に不利益が及ばないことが確保されることを前提として,寄せられた情報をもとに相手国政府との協議等を行うなど,必要な対応を取ることとなります。不正・腐敗に関わる情報の対応結果については,必ずお知らせいたします。

措置適用の減免制度(リニエンシー制度)の利用をお考えの企業の方は,御参照ください。


(注)必須項目に漏れがあると送信できません。

1. 不正腐敗行為の種類につき以下の中からお選び下さい。(必須)

このページのトップへ戻る
ODAトップへ戻る